草むしりや木の伐採、庭木の剪定はプロに任せましょう

草むしりの基本情報

剪定

草むしりは、庭の美観性を保つために行なわれるものだと思われていますが、実は病気対策にも一役買っています。

草むしりに必要なもの

軍手や手袋
草むしりで一番必要なものが軍手やゴム手袋など手を保護するものです。素手で草むしりを行なうと草で手を切ったり草の汁が手に付着してかぶれたりする場合があります。理想的なのはゴム手袋をした上から、軍手を装着することです。そうすることによって、手袋の中に泥が入り込むのを防ぐことができます。
汚れてもいい服装
草が生い茂っている場合、草むらの中には害虫がひそんでいることが多く、草むしりの最中に刺される可能性もあります。また、日焼けや泥汚れが足に付着しないためにも、長袖や長靴を履いて脚を保護しましょう。
道具
効率よく草むしりをするためには、スコップやカマ、熊手などの道具が必須です。また、庭木の剪定を行なう場合は専用の剪定ばさみがあると剪定がしやすく、簡易ノコギリがあれば木の余計な枝葉を伐採することができます。

注意すること

草むしりの時に意外と疎かになってしまうのが頭上です。夏場に草むしりをしている時に、蜂の巣があると気づかずに蜂のテリトリーに侵入し襲われる場合があります。蜂は黒色のものに攻撃する習性があるので、頭を刺される可能性があります。また、棘のある草木がある場合は点灯して棘が刺さらないように注意することも大事です。

芝生の病気と発生する害虫

草刈り

人間と同じく、草木も病気になります。ここでは、芝生の見た目と状態を悪化させる病気と害虫について紹介します。

葉枯病とさび病が芝生の代表的な病気です(40代/草むしり業者)

葉枯病とさび病は、どちらも葉の見た目が変化する病気です。褐色の反転が発生し、やがてそれが葉全体に広がっていくという病気であり、特に葉枯病は放置しておくと最悪の場合芝生全体が枯れてしまいます。春から秋頃に発生しやすくなる病気のため、病気の対策方法はしておくことをおすすめします。

芝生を食い荒らす害虫も存在している(30代/草むしり業者)

主に葉を食べる害虫と根を食べる害虫に分けることができます。根を食べる害虫としてコガネムシの幼虫がおり、根を食い荒らされると芝生は抜け落ちやすくなってしまいます。葉を食べるスジキリヨトウやシバツトガの害虫は、放置しておくと芝生を広範囲に渡って枯れさせてしまう危険な害虫なので一刻も早い駆除が必要です。

ガーデニングの初心者が庭木の枝波を完璧に剪定したり、芝生の病気や害虫を完全に予防したりするのは非常に難しく、草むしりも非常に手間がかかります。それでもしなければならない場合は、業者に依頼して代行してもらうことで庭の手入れを完璧に行なえます。

庭の手入れをしてくれる業者の選び方

明確な料金設定
業者に頼む際に一番気になるのが見積もり料金です。不適切な業者の場合見積もり料金に不明瞭なものがあったり、上乗せしてきたりすることもありますが、良心的な業者は見積もりの内訳もわかりやすく、料金を上乗せすることもありません。
豊富な実績
業者選びで最も重視する点が実績です。実績があればあるほど多くの人に信頼されているという証拠になり、安心して任せることができます。実績は業者のホームページに掲載されていることが多いので実績を確認してから依頼をしましょう。
どんな要望にも対応
人によっては庭にこだわりを持っている人が多いです。そんなこだわりの要望にもしっかりと答えてくれる業者というのは非常にありがたい存在です。ガーデニング代行の依頼をする際にこちらの要望を全て話し、快く了承してくれる業者を探しましょう。
TOPボタン