草むしりや木の伐採、庭木の剪定はプロに任せましょう

草むしりに必要なもの

草むしりは、庭の美観性を保つために行なわれるものだと思われていますが、実は病気対策にも一役買っています。 "

注意すること

草むしりの時に意外と疎かになってしまうのが頭上です。夏場に草むしりをしている時に、蜂の巣があると気づかずに蜂のテリトリーに侵入し襲われる場合があります。蜂は黒色のものに攻撃する習性があるので、頭を刺される可能性があります。また、棘のある草木がある場合は点灯して棘が刺さらないように注意することも大事です。

葉枯病とさび病が芝生の代表的な病気です(40代/草むしり業者)

人間と同じく、草木も病気になります。ここでは、芝生の見た目と状態を悪化させる病気と害虫について紹介します。 "

芝生を食い荒らす害虫も存在している(30代/草むしり業者)

葉枯病とさび病は、どちらも葉の見た目が変化する病気です。褐色の反転が発生し、やがてそれが葉全体に広がっていくという病気であり、特に葉枯病は放置しておくと最悪の場合芝生全体が枯れてしまいます。春から秋頃に発生しやすくなる病気のため、病気の対策方法はしておくことをおすすめします。

主に葉を食べる害虫と根を食べる害虫に分けることができます。根を食べる害虫としてコガネムシの幼虫がおり、根を食い荒らされると芝生は抜け落ちやすくなってしまいます。葉を食べるスジキリヨトウやシバツトガの害虫は、放置しておくと芝生を広範囲に渡って枯れさせてしまう危険な害虫なので一刻も早い駆除が必要です。

TOPボタン